ホシニジ。

この素晴らしい世界でほら、君のことを見つけた。

初めてSexy Zoneのコンサートに行った話

やっと!!!!

やっと!!!!!

やっっっっっと!!!!!!

Sexy Zoneのコンサートに行ってきました〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

 

この記事はレポでもなんでもないただの感想なんですが、

初めてのSexy Zoneコンサート、

愛と美

でした。

わたしが入ったのは4月27日17:30公演。

登場時、涙の大洪水を起こすと思ってたんですが、美しすぎて涙も出ず、声も出ず、ペンラも振れないほどでした。

なぜなら、生まれて初めてのセクシーコンサートでアリーナを引き当てて、オープニング、勝利くんが目の前から出てきたんですよ、、

あの小さい顔に完璧な比率で配置されている顔のパーツ!!!!同じ人類ではなかった………。

マリちゃんも想像してた以上にスラーっとしててマジで未成年には見えなかった…。顔がまぶしかった。

ふうまは赤髪継続中で、リアコをこの目で見ました……。ありがとう、すき…。

そんで中島さん。なんと、この日、髪の毛がシルバー?青?で、ほんとにマンガの人だった。足の長さも相まってマジでこの世の人ではなかった……。双眼鏡でのぞいたとき、中島さん自身が発光していて眩しすぎて双眼鏡をのぞき続けられませんでした。

 

あっけにとられながら、なけなしのオタク力で棒立ちでカラクリのフリを踊り、つづくすぴきすのピンク衣装の可愛さ!健人くんの可愛さ!あぁ、もう!!かわいい!すき!!!そんで最後のふうまの「見とれてるんだ……んふふ」ね。ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜すき。

 

健人くん、いちいち決めゼリフとか決め仕草で確実にオタクを殺しにかかるからまじで命が足りない。

 

アルバム聞いた時点で激エモコンサートになるのはわかってたんですけど、曲間をつなぐ映像がずっとエモかった。ふまパラのエッセンスをすごい感じた。「小学校の頃から10年」とか新入社員として毎日上手くいってないようなアニメーションを見て、この4月から社会人になった私は運命めいたものを感じました。

 

ランドセル背負ってステージ全力疾走する4人は可愛さの概念を可愛さでぶち壊しにきてて(?)もう意味わからなかったし、とりあえず1人ずつ1回産んだ。ありがとう。

 

MCは噂に聞いてたけどふまけんがやばやばのやばだった。

マリちゃんかわいいいじりするふうまも、マリちゃんが載ってるSPURを強奪するしょりちゃんも、健人くんにディズニーデラックスの登録の仕方を教えてもらうしょりちゃんとそれを聞いて恥ずかしそうに「ぼくにも教えて…」っていうマリちゃんも最高だった。

そして中島氏の発言を一言一句逃さず払い上げフォローしていく菊池風磨くん。マジで中島ァ全肯定botだったよ。あれは勝てねえ。

健人くんってほんとに風磨の話聞いてる時きゅるんきゅるんの目で風磨のこと見てるんだね。カメラで風磨の話聞いてる健人くんが抜かれたとき、会場が「かわいい…」「かっわ……」って騒ついてました。

そしてこの日はちょうど風磨の入所11周年の日。今度発売のwink upでふまけん2人表紙の話題の時に「中島ァと11年ずっと一緒だった」「こんなにずっと一緒にいるシンメは俺ら世代・後輩にはいない」「俺らがトップオブシンメ」(合掌)

 

リリース時からのわたしの推し曲『Twilight Sunset』が華麗にセトリ入りしてて天を仰いだ。からの『君がいた夏に…』はエモすぎる!!!!!

で、こちらもカップリングから見事にセトリ入りを果たした『Unstoppable』。レーザーがエグすぎてめちゃくちゃテンション上がった。Sexy Zoneさん、照明の使い方が天才的にうまい。痺れた。あれは天井から見たいやつだった。

そしてお待ちかね『Wonder Love』。友達から「Wonder Loveはやばい」とだけ聞いてたのでどうやばいのか構えてました。まず、白いシャツ1枚で出てくる4人。中島さんに至っては水で上半身を濡らしてました(死)。ソファに座ってそれぞれ気怠げに歌う4人。

事件はラスサビ。一列に並んだソファに左からしょりマリけんふま。勝利くんの首に腕を回すマリちゃん(覚えてない)。その反対の手で健人くんの足をなぞるマリちゃん(白目)。風磨のほうに体を寄せる健人くんと、そんな健人くんに腕を回す風磨(死)。自分に回された腕をなぞる健人くん()。………現場からは以上です(昇天)。

 

『青い恋人』からの『My sweet heart My sweet love』は白いジャケット羽織って完全に新郎だったんですけど、圧倒的に風磨と籍を入れました。………すき。

 

ここで突然のバンド練習風景映像。「え???バンドやんの???」と騒つく私。情熱●陸風な映像でなぜかX JA●AN風にグラサンかけてキメッキメで質問に対して意味のわからない回答をする4人。

ステージ上に現れるバンドセット。

え??え???

Dr.:FUMA、Key:Shori、Ba.:Marius、Gt.:Kentoで『ゼンゼンカンケイナイ』

そして始まるエアバンド()

最高の茶番だった。

曲中にエックスポーズやりだすけんしょりに、キーボードを前に立って後ろ弾きするしょりちゃんと金●の女々しくての振りを踊る健人くん()。最高にゼンゼンカンケイナくて最高に楽しかった。

 

センステで美しく始まった『CRY』。青に包まれる会場で歌いきった後、すぐに奈落に落ちる4人。

「え??もう終わり???」とあっけにとられる私をよそにメインモニターではスタッフクレジット。

その後に本編を通してずっと紡がれてたアニメーションが、カメラの前でポーズをとってシャッターが切られるのを待ってるSexy Zoneらしき4人に変わる。

そして。

映像がレンズの中からカメラも込みの引きの風景を映したとき、カメラのボタンを押してカメラの前で待つ4人の元に走っていく1人の男の子。

間違いなく聡ちゃんだと思ったとき、あれだけ会いたかったSexy Zoneが登場したときも、じーんときたCocoaを聞いたときも、大好きなすっぴんKISS、ROCK THA TOWN聞いたときも溢れなかった涙が堰を切ったように流れました。本編中ずっとどこかに感じてた違和感はやっぱりこれだったんだと。ずっと泣かなかったのはこれだったんだと。

等身大の自分たちの人生における喜怒哀楽を表現した今ツアー。

なぜ本編最後で喜でも怒でも楽でもない哀を表した『CRY』なのか、瞬時にわかった気がしました。1人欠けた状態の自分たちの今の心情は間違いなく「『CRY』」。それがきっとあの4人の素直な気持ち。すべてがストンと落ちてきて、言わずとも聡ちゃんのことを絶対に離そうとしない4人が本当に大好きだと思いました。

アンコールが始まってもとても立ってられないほど泣き続けた私に聞こえてきた最初の曲は『Sexy Zone』。私の涙腺に追い打ちをかけます。

次は『ぎゅっと』。この1年、就活ですごく辛くて泣いたとき、精神的に追い詰められてご飯すら食べられなくなったとき、本番前の緊張を落ち着けようとしたとき、ずっと聞き続けたこの曲を聞いて、社会人になってからこの日のためにと我慢し続けた涙が溢れて止まりませんでした。この1ヶ月頑張り続けて良かったと心の底から思いました。

 

挨拶。勝利くんは言葉を慎重に選びながら、時に詰まらせながら「不完全だけどそれじゃダメだけど完全を目指して頑張ってきました」という目は少し潤んでいたように思いました。

マリちゃんはあの可愛らしい笑顔で「また新潟じゃないまだ行ったことない場所でも会いましょう」と言ってくれました。その場所は……ねぇ?あそこしかないよね。

風磨ははっきりと「今度は5人で新潟に来たいと思います」と言ってくれました。その力強さにまた涙が溢れでてきました。

健人くん。「日本中、世界中にたくさんのアイドルかいるけどみんなが好きなのはーー??」

Sexy Zone!!!!!/

「今日もセクシーサンキュー!!」

大好き。

 

お別れは『いつまでもいつまでも』。どうしたって聡ちゃんを想わずにはいられないこの曲を、4人ともすごく優しい顔をして歌っていたように涙でぼやけた視界には見えました。あの時、ステージの1番右側がやけに広く空いていたのはそこに確実に聡ちゃんもいるってことでいいんだよね。

 

最後の最後。手を繋いで「Sexy Zone!!」って言うとき、マリちゃんの左手は確実に聡ちゃんの右手に繋がれていました。

 

はけるとき、沈んでいくステージで「菊池、11周年おめでとう!」と中島さんに言われた風磨は恥ずかしそうに「ありがとう…ござい、ます(笑)」って言ってて、それを聞いた健人くんの「あははは!」って幸せな笑い声を残してこの日は幕を閉じました。

 

ずっとずっと行きたかったセクシーコンサート。セトリの流れも良くて(まぁ口出ししたい曲は何曲かあるけれども(笑))、演出もDVDで見てたとおり良くて、4人ともめちゃくちゃ顔がよくて、なによりすごく温かかった。

絶対にこの5人を東京ドームに連れて行くと誓った。何があっても絶対に連れて行く。5人で。

だから聡ちゃん、ずっとずっと待ってるよ。ゆっくりでいいからね。

すばるの姿を追いかけて大阪へ旅に出た話

すばるへ

お元気ですか。あなたがエイトをやめると言ってから8ヶ月、テレビから姿を消して5ヶ月が経とうとしています。ちゃんとご飯食べていますか。ぐっすり眠れていますか。幸せな日々を送れていますか。

すばるを見なくなってから心にぽっかりと穴が空いたような、どこか寂しい気持ちに一瞬でなるときがあります。その度にあなたという存在が私の中でどれほど大きなものであったかを実感します。皮肉なものですね、失ってから気づくなんて。

あの日から、去年あんなに大好きでたまらなかった関ジャニ∞からは距離を置いてしまっています。ごめんね。

エイトのことは今でも大好きだよ。歌を聞くたび、過去の番組を見るたびに、大好きな7人のことを改めて大好きだと実感します。たくさんの元気と勇気をもらいました。

笑えていますか?

私はまだまだ、すばるのことが好きで、7人のことが大好きで、どこかで7人の影を探してしまっています。ずっとずっと寂しいです。どこか嘘みたいだと今でも思ってるけど、今のエイトを見ればそこには6人しかいません。当たり前です。時が解決してくれるなんて言葉を聞いたことがありますが、あれは嘘です。もう半年以上経ったのに、私の心は4月14日までのままです。

すばる。いい名前ですね、って私も思います。

 

すばる。

 

今でも1人じゃないよ。今でも大好きだよ。一度きりしかない人生なんだから生きたいように生きてください。あわよくば、もう一度でいいから、すばるの歌が聞きたいです。もう一度でいいから、7人で笑っている姿を見たいです。

ごめんね、わがままなファンで。でも、すばると出会えたこと、エイトと出会えたこと、関ジャニ∞渋谷すばると出会えたこと、私の人生において最高に幸せな出来事の1つです。それだけは忘れないでください。

私は今、大阪に行く旅の途中でこの手紙を書いています。あなたが過ごした、7人が過ごした青春のすべてを探すために。大好きだった“関ジャニ∞渋谷すばる”にバイバイするために。

あなたが、あなたたちが生まれ育った街でありがとうと伝えたい。

まだまだ7人のままで止まってしまっている私だけど、4月15日はお別れじゃなくて門出だったって、今でも心からそう信じています。

だから、また絶対に会いに行かせてください。声を聞かせてください。

すばるが今日も明日も健康で、幸せでいますように。

2018年12月11日 エイターより

ーーーーー

ということで、大阪へ行きました。本当に衝動的に。1泊4日という意味のわからないスケジュールで。卒論で時間もない、お金もないけど、すばるがジャニーズじゃなくなってしまう2018年12月31日までに行かないといけないと思ったから。それにタキツバもいなくなっちゃうし。結果として、8時だJをやる、カウコンで4TOPSが揃うという、そんな夢みたいなタイミングになりました。

今は帰りの夜行バスを待っています。楽しかった。

USJに行って、

f:id:starainbow:20181213201549j:image
f:id:starainbow:20181213201546j:image

f:id:starainbow:20181213201628j:image

All you need is laugh を全力で歌いました。

USJからのNGKもしました。

f:id:starainbow:20181213201927j:image

亮ちゃんが全力で叫んだ「かーーーーいゆーーーーうかーーーーーん!!!!」にも行ってきました。

f:id:starainbow:20181213201815j:image

御堂筋も心斎橋も戎橋も道頓堀もアメ村も通天閣ももちろん行きました。

f:id:starainbow:20181213202125j:image
f:id:starainbow:20181213202117j:image
f:id:starainbow:20181213202112j:image

f:id:starainbow:20181213202121j:image

そして念願だったヨコヒナええやん巡りもしました!!!!!

f:id:starainbow:20181213202219j:image
f:id:starainbow:20181213202223j:image

そして、神戸まで見える観覧車に乗って、大阪を見てきました。

f:id:starainbow:20181213231935j:image

すばるがいなくなってしまったことは変わりのない事実。6人の関ジャニ∞をいつになったら受け入れられるのかもわからない。時間に置き去りにされた心はまだ追いついてないけれど。

だけど、7人で過ごした20年は消えるわけじゃない。私が大好きだった7人は嘘じゃない。9月に東京ドームで見た関ジャニ∞はたしかに私の好きな関ジャニ∞だった。

まだまだ好きと応援したい気持ちが噛み合うのには時間がかかりそうだけど。

7人の過ごした青春のすべてのかけらを胸にしまって、ただただ“こんな気分”を抱きしめています。

f:id:starainbow:20181213202633j:image

f:id:starainbow:20181213202642j:image

素晴らしい今日よ、さようなら。手つかずの夢を、旅立つ夢を見てしまったあなたを、さよなら、またいつか、会うまで。

また逢えたら歌おう

9月7日18:30東京ドーム。関ジャニ∞'sエイターテインメントGR8ESTに行ってきた。今回はレポというよりは、自分が感じたことをここに残しておきたいと思います。

(以下ネタバレあり)

 

あの会見があって、7人の最後のテレビ出演が終わってしまって。去年あんなに好きだったのに、エイトをほとんど見れなくなっていたこの半年。曲聞くのも辛くて、本当に避けていた。だけどこの日は、もうボロボロになってもいいからちゃんと正面から向き合おうって心に決めてた。

まずね、ペンラの色に赤があることにもううるっときてしまって。でも、オープニング映像にはすばるは映ってなくて。

 

一番最初の曲は『応答セヨ』。私はこの曲をすばるの歌、もしくは松原.の歌たと解釈しているので、のっけからしんどい。おそらく(?)亮ちゃんのキーに合わせて少し低くなっていて。

君が思うほどは まっすぐに歩いてこれなかったけど

ってすばるがいない関ジャニ∞が歌うのに頭に浮かぶのはすばるの姿。

 

最後のMステで歌ったNOROSHI。「手のひらが背に触れた」を歌ったのは亮ちゃんだった。ほぼ絶叫にも近いあの歌い方を聞いて、渋谷すばるを背負う覚悟を錦戸亮に感じた。すばるくんとは違うけど、あの人の魂は受け継ぐ。そんなことを、すばるがJr.時代から1番に可愛がってきて、すばるのことをずっとずっと尊敬してきた錦戸亮に感じた。

 

ヘブンリからのBJ。1番ここがしんどかった。私は知らない大阪時代からずっと大切に歌い続けられてきた名曲。だからもっともっとすばるを感じてしまう。「目の前の闇を〜」とすばるのパートを歌うやすくんがすばるそっくりな声で歌っていて固まってしまった。安田くんは大きすぎた渋谷すばるをそういう形で背負ったんだと。クロニクルで最後に歌った時、ヘブンリは"悲しい唄"ではなく"希望の唄"なんだと思うようにしていたけれど、今でも私にとってはまだ悲しい唄のまま。

そして立て続いたBJ。亮ちゃんの後ろに斜めに立てかけてあったギターを遠くから見ると、ギターを持った人が4人に見えて、何度も何度もすばる?と錯覚した。もういないのに。

時間は絶えず僕らに逆らい

でも時に僕らに従い

心だけ ただ置き去りにして行くようで

あの会見の時、あんなにも不貞腐れた顔で座っていた大倉が歌うパート。その通りだなと思った。まだ私の心は7人の関ジャニ∞のまま置き去り。

永遠の意味さえ曖昧な僕ら

だからこそ今 抱きしめていたい

こんな気分だって

7人最後の出演からあの日までずっと"こんな気分"だった。永遠なんてどこにもないってそんな当たり前なことにすら気づかなかった。気づきたくなかった。

 

そしてこの日スペシャルゲストで現れた東京スカパラダイスオーケストラさん。彼らと音楽を楽しそうに奏でる6人と村上さんの「音楽をやっていてよかった」という言葉に、彼らが音楽をやる理由から渋谷すばるは卒業できたんだなと嬉しくなった。

 

LIFE〜目の前の向こうへ〜。もちろんすばるの姿はない。だけど、彼ら一人一人の心の中にすばるはずっといるんだとこの時思った。でも、「もう一回、もう一回 君のくれた笑顔で笑いたい」。すばるがいないことは寂しいけど、決して悲しくはなかった。だって、関ジャニ∞は「まだまだ終わらないから」。

 

MC明けのオモイダマ。MCでせっかく涙が止まったのに、

きっと孤独や不安に襲われることもあるけれど

忘れないで君は

ひとりじゃなかったんだよ 今も明日もずっと

やすくんがすばるみたいな声ですばるに歌っていたから。

 

でもね、後半戦。とっても楽しかった。torn見れてよかったし、わたし鏡も聞けた。途中「きっともっとずっと先 答えがあると信じて誓い合おう」とか「一番星のような君のいない世界で 僕は今星を見ていたよ」とか。未練タラタラな関ジャニ∞さんに笑ってしまいそうになりながら泣いた。結局泣いた。

 

最後のロマネスク。出だしのすばるのパートを6人で歌う決断をした"関ジャニ∞"はたしかに私が大好きな"関ジャニ∞"だった。すばるがいなくなっても、あったかくて家族みたいで相変わらずくだらない大好きな関ジャニ∞でした。

 

終わってから振り返ってみて、たくさん泣いた。でもたくさん笑った。私の好きな関ジャニ∞はそこにいた。だからこれからも6人の関ジャニ∞を応援してみようと思う。すばるくんがいないことに慣れてしまうことが怖いけど。悲しいけど。でも、コンサート中すばるは6人の中でずっと笑っていたから。

 

頑張れ、関ジャニ∞

19卒のジャニヲタ就活ニッキ

今回は非常に個人的な更新です。

8月のことですが、無事に就活を終えることができました。ということで、今回は自分のために、もしかしたら参考にするかもしれないジャニヲタの後輩のために就活の活動記録を残しておきたいと思います。最初に言っておきますが、もう二度と就活したくないです。それではどうぞ。

  1. 企業選び

  2. 金銭事情

  3. 自己分析
  4. ESの書き方
  5. スケジューリング

  6. 特に頑張ったところ

  7. おすすめのジャニーズ就活ソング

 

1. 企業選び

「別に将来の夢とかやりたいことなんてないしなー」

去年の12月の私の心境。正直、周りが割と業界とかを絞り始めていたので焦っていました。

ジャニヲタな私たちにとっては《安定した収入とコンサートがある日に有給が取れるならどこでも》が正直なところでしょう。私はそうでした。だから、

・初任給20万以上

・有休消化率が高いところ

・勤務地が東京

の3点で企業を絞っていきました。

やっぱり5大ドームのある都市に住むことってめちゃくちゃ大事じゃないですか?!(東京住みじゃないせいで涙を流しかけたことは数えきれないほど)

そして絞った業界は金融業界と公務員。企業選びは、四季報リクナビマイナビみん就を中心に。合同説明会に行って業界をしぼったあとはインターンに行って体育会系の雰囲気じゃないかどうか、働いている人にどのくらい残業しているか(鵜呑みにはしない)で判断。人と話すのがそこまで苦ではないので営業職でエントリーしてました。

 

2. 金銭事情

お金は住んでいるところによって大きく違うと思います。

私は、地方住みなのでインターンや選考などで交通費を出してくれるかどうかを企業選びの基準にしていました(金融業界ではほとんどなかったですが…)。ちなみに関東近郊に住んでいる私は30万ほどかかりました。リクルートスーツ(もちろんAOKI)から交通費、封筒、郵送費用、時間つぶしのカフェ代、そしてストレスから爆食いもしくは爆買い(私の場合は爆買いでした)と本当にお金がかかる。

だから、やみくもに行くよりは合同説明会とか行って気になった業界をいくつかに絞って、その業界の中で1つ行くとかそういう風にしたほうがいいと思います。もちろん都会住みで交通費がそんなにかからないなら、かたっぱしから行くのが一番いいんですけど。

あと、頭に入れておいてほしいのが、地方住みは就活中バイトできません。私の場合、東京まで片道2時間、往復4時間。うまく調整できたとしてもバスの本数がない。つまり、東京に行く日は1日が消えると思ったほうがいいです。……つらいね、地方組。

そして最終的に地元の金融機関と都内の金融機関、公務の3つにしぼりました。

 

3. 自己分析

 自己分析にはマイナビとかリクナビのそういうやつを使ってました。あとは他己分析を友達にお願いしたり。

ES(エントリーシート)に長所短所を書かなきゃいけないので、そのときには長所が生かされたエピソード、短所を克服したエピソードを一緒に書いて必ずエピソードと結びつけるようにしていました。

ちなみに面接でよく聞かれる質問のうちの一つに『趣味はなんですか?』というものがありますが、私はそれに「旅行です」と答えていました。いや、だって遠征も旅行じゃん?

それから『学生時代に頑張ったことは?』は必ず聞かれるんですけど、「ぶっちゃけ遠征費貯めるためにバイト三昧で、サークルもそんなに行ってないし、ボランティアとかやってる暇あったらセクチャン見るわ!!」と逆ギレ状態のあなた。

悪いことは言わないから1回だけでもボランティアに参加しとけ。災害ボランティアでも学習支援ボランティアでもなんでもいいから。嘘のことを話すと絶対にバレるから、自分の言葉で自分の経験を話せるために。ほら、あなたの自担もボランティアしてるよ?とにかく企業の求める力(例えば協調性とか、行動力とか)が私にはあるよ!ってことを具体的なエピソードを絡めて話せるように経験をしておくんです。

 

4. ESの書き方

自己分析とES作成は思ったより時間がかかるので早めに取り組んだほうがいいです。これはマジ。私は最初「志望動機と自己PRを書いてみろ」と3年生の12月くらいにゼミのお題に上がったんですけど、マジでいきなりそんなん言われても何書いたらいいかわからんわ!状態でした。そこで私は自担になりきってジャニーズ事務所に対する志望動機と自己PRを書いて練習してました。自分がなんで働きたいかなんてわからないけど、自担がジャニーズを目指したきっかけならわかるでしょ?

伊野尾くんを例に説明すると、

〈志望動機〉おいしいご飯が食べたいから

〈自己PR〉とても綺麗な顔 ピアノが弾ける

とまあまずはこんな感じ。

次に、自担が事務所に入ったときのスペックではなく、今現在持っているスペックを使って自分がなんとなく気になっている会社のESを書いてみます。ここでは伊野尾くんに銀行行員を目指してもらいましょう。

〈志望動機〉3年前にパーソナリティーを務めた24時間テレビでお金の重要さを知った。お金を融資することで様々な取り組みをしている人を支援したい。

〈自己PR〉ゼミ活動でいろいろな現場へ赴いたのでコミュニケーション能力がある 朝の番組のキャストをしているので社会事情は知っている トーク番組の司会をしているので人の話を聞きだすことは得意

※実際のところは知らん。すべてなんの根拠もないただ妄想です。

このように、

志望先の企業がどんな人材を求めているかをホームページの採用ページを見て分析する(いわゆる企業分析)→求める人材像に合った自分の能力をエピソードと絡めてPRする(このときにボランティアとかバイトとか資格試験の勉強とか、そういう経験を書く)

っていうのが、ESの書き方。そのはじめの一歩として、自分よりPRポイントがあり、自分のことよりもよく知っている自担で練習したらあとは自分に置き換えて書くだけ。ね?取り組むハードルは下がったでしょ?これをやると「自担やっぱりすごい」ってなります。あなたの自担は顔がいいだけでなく、人間性もすごいんです。

 

5. スケジューリング

そんなこんなで、あとは具体的なスケジュール。おさらいしておくと、私は民間と公務志望という割と特殊な就活生だったのであまり参考にはならないと思いますが、両立は不可能ではない!ということが伝わればいいです。

【3年生夏休み】金融業界のインターンに3個ぐらい行く。1day~3dayがほとんど。5daysとか長ければ長いほどいいんだろうけど、資金が足りず…。

【3年生10月~12月】相変わらず民間の1dayインターンに行きながらES作成と自己分析。説明会に行ったりしてこの時に業界をしぼった。

【3年生1月~2月】公務を目指すことを決めたので夏休みにインターンに行った企業とそのあといいなと思った計3つに民間は絞る。バイトしながらひたすら公務の勉強。大学の試験が終わった2月はほとんど家に引きこもり。同じく2月にはインターンに行った企業の特別選考に行ったり。

【3年生3月~4年生4月】大学が春休みに入ったのでひたすら勉強。周りの友達は3月の解禁を機にずっと東京通い。みんな心身ともにボロボロ。早い人はこの時期で内定もらってました。私はというと、特別選考をやった企業の最終面接があったりして内定を1つもらいました。インターンって大事。そして一番精神がやばかった時期。

【4年生5月~8月】公務の試験やら、民間の最終面接やらで精神がやばかった。あのね、余裕がなくても無理やりにでも友達とご飯に行ってください。別に特別友達が多い人間ではないですけど、この時期は他人としゃべらないと本当に心が死んでしまう。6月周辺で内定をもらう人が急激に増える。でも焦らなくて大丈夫。あなたが無能なんじゃない。こんなに優秀なあなたの能力を見抜けない企業が無能なんだ(面接はこのくらいの精神状態で行くといい)。現場には行け。DVDは毎日見ろ。さもなくば心が死ぬ。

これはマジな話なんですけど、面接前に「おれは中島健人だ」と心の中で唱えると内定がもらえます。

 

6. 特に頑張ったところ

民間にするか公務にするかギリギリまで迷っていたせいで、他の公務志望者に比べて勉強する期間が異様に短かったんです。その反動で年明けからはずっと勉強。だけど、インターンに行っていたおかげで、4月に内定がもらえました。だから、インターンには行っとけ。べつに何個もいかなくていい。1dayでも十分だから。

そして公務と両立したことでメリットもありました。SPIの勉強をする必要なかったんです。

あとは、ボランティアを3年生のときにやっていたことで面接のネタになりました。別にボランティアやっていても大学3年生は現場三昧の日々でした。

ESは友達からゼミの先生、大学のキャリアセンターの人などとにかくいろんな人に見てもらって7回以上書き直しました。面接練習も5回くらいやりました。すべては自信をつけるため。自信をつけて面接本番に中島健人になりきることができれば、内定はもうあなたの手の中だ。

 

7. おすすめのジャニーズ就活ソング

 ここで今から精神のチキンレースに参戦するみなさんへ私からエールの代わりに、就活中私を支えてくれていた曲たちを紹介します。ちなみに‟ジャニーズ”といっていますがここに出てくるのは、嵐と関ジャニ∞とHey!Say!JUMPとSexy Zoneしか出てきません。ジャニヲタよ、結局お前を働かせる理由も支えてくれるのもジャニーズなんだ。

【なかなか就活に対するやる気が起きないとき】

〇Crazy groundの王様/嵐(アルバム「How's it Going?」に収録)

いきなりマニアックすぎてごめんなさい。だって歌詞がもろ就活じゃないですか?

大切なものは 足跡なんかじゃない

歩く俺たちの足だ そうだろう?

だから…

どれくらい 頭よくて

過去が眩しくても

関係ないのさ

 ここの歌詞ね~~!!過去は関係ない、今が大事なんだ!ってそう思えたら少しは軽くなるはず。

〇完全マイウェイ/Sexy Zone(アルバム「one Sexy Zone」に収録)

あんなに明るい曲調なのに泣けるの病んでるときあるある~!

 逃げちゃダメだよ 今の君だけを信じて

諦めないで!

自分のことを信じるってすごく難しいんだなと思いました(偏差値2)。

〇Future/嵐(シングル「We can make it!」初回盤に収録)

もうこれはね、私の人生の頑張り時には毎回聞いてる曲なんですよ。高校受験、大学受験、就活。

冷たい雨も激しい風も 突き抜けるだけだろう?

ここの歌詞ぃ~~~~!!!もう単純明快!小難しいことは嫌いなのでこれくらい簡単に応援されるとやる気になる。やるしかないんだって。

 

 【面接直前に聞く曲】

〇Go To The Future!/Hey!Say!JUMP(シングル「Ride With Me」初回2に収録)

これは頼む、みんな聞いてくれ。すべての歌詞がおすすめすぎてここに歌詞を全部書きたいんだけど、それだとJ Stormに訴えられちゃうので、ほんっとうに好きな歌詞だけ。

 もう後がないんだ 決戦は今日だ 下手なプライド捨てればいい

言い訳して目をそらしてきた 自分自身変える自信!

そう やるしかないんだ やってみないと 何が出来るかわからない

「やるしかないんだ やってみないと 何が出来るかわからない」がね、チャレンジを迷ってるならこれを信じて、JUMPを信じてチャレンジしたほうがいい。やらないで後悔するより、やって後悔するほうが全然マシだから(何の話)。

〇Tokyoholic/関ジャニ∞(シングル「なぐりガキBEAT」通常盤に収録)

これは地方出身者しか聞けないんですけど(笑)地方出身者がこれからGDだ!!って時に聞くとほんとにいいです。

そんな上から見んなやこっちも必死なんじゃ

亮ちゃんんんんん!!それな!!!!!ここまで来るのに何分かかるか知らねぇが、こっちは6時起きなんじゃボケェ!!田舎もんなめられてたまるかよ!!(※Tokyoholicの通常の解釈とは異なります)

 と、強気になれるし、GD、面接等、ヤンキーチックなモチベーションで挑めるのでおすすめです(?)

 

【精神的に病み始めたとき】

〇素晴らしき世界/嵐(アルバム「One」に収録)

言わずと知れた名曲。やっぱり名曲はいい。東京で面接とか終わって帰りの高速バスの中で聞くと本気で泣きそうになる。

僕らは泣いて笑ってそれでも明日を夢見てしまう

ありがとう 素晴らしき世界

ここのねー、歌詞がねー本当に好きなんだよねー。どんなに絶望しても明日を夢見れるこの世界は、素晴らしき世界なんだって。ありがとう、嵐。

〇ぎゅっと/Sexy Zone(シングル「ぎゅっと」に収録)

就活中に1番聞いてた。歌詞の全てに救われた。

『普通に就職して』って歌詞がこんなにも大変なんだってそればっかりずっと思ってた。

就活中「頑張って」って励まされることが多いけど、

いつも頑張ってること 僕はわかっているからね

って「頑張れ」を押し付けてこない優しさ。

特にね、

それでも夜は明けるけれど 君にとっては ツラいんだろうな

の部分。大好きなんだけど。夜明け=苦しみからの解放って朝を"希望の象徴"みたいに歌う歌詞が多いけれど、ぎゅっとは夜が明けても状況が変わらないことをちゃんとわかってるしこの苦しい気持ちに寄り添ってくれる。

明日をちょっと待って そう胸を張って

このままゆっくり歩こう

焦りとか不安な気持ちがちょっと和らぐような。『このままゆっくり歩こう』って周りの人のスピードよりは遅いけれど、それでも歩いている限り前には進んでるからね。めっちゃ救われた。

こんな歌詞を菊池風磨くんが書いているなんて、本当にびっくりだし、ありがとう、風磨くん。好きです。

ーーーーー

ということで!以上になります!!…そうです!最後のおすすめジャニーズ就活ソングを紹介したかっただけです(笑)

私はつらくてもうやる気もなくなってなにもしたくなくなって食欲もなくなってどうしようもなかったとき、健人くんの『結局人生ハッピーエンドだから』って言葉を支えにしてました。

最後に、就活ってたしかにこれからの長い人生を決める大事な選択だけど。でも、別に就職できなくても死ぬわけじゃないし、人生、就職することだけが全てじゃないなーって最病み期に思いました。わりとどうにでもなる。だから、これから就活する人は適度にヲタ活しながら頑張ってください!!

愛とSexyは地球を救う

こんにちは。

24時間テレビ見終わってそのままの勢いでこのブログを書いています。

みやぞん、木村佳乃さん、番組スタッフの方々、そしてSexy Zone、24時間以上本当にお疲れ様でした。

私がSexy ZoneのFCに入って1週間ほどで発表された、24時間テレビのメインパーソナリティー。あの当時、私はSexy Zoneについて何も知らなかった。

あれから5人は3回の冠番組を成功させ、24時間テレビ関連のたくさんのロケに企画に練習に、きっと1秒も止まることなく"怒涛の青春の積み重ね"をしていったんだと思う。

個人的な話ですが、その間に私も勉強して無事に就活を終えた。しんどくて何も食べれなくなったとき、ぎゅっとを聞いて車の中で声を上げて泣いた。何もかもを投げ出したくなったとき、健人くんの言葉を何回も何回も思い出した。不安で眠れなかった夜はセクチャンを見てたくさん笑った。

マリちゃんがこんなにも強くて優しいこと。聡ちゃんがこんなに真面目で強いこと。勝利くんが1人でなんでも抱え込んでしまうこと。風磨がこんなに熱くて優しいこと。健人くんが誰にも弱さを見せずたった1人で戦っていたこと。1月の私は何も知らなかった。

分裂時代の苦しさとか悔しさとかもちろん何も知らない。だけど、この2日間武道館という場所に"5人"で立っていることがどれほどすごいことか、ほんの少しだけど実感できた。

24時間テレビのサブテーマである「愛は地球を救う」。24時間テレビを当該グループのファンとして応援するのはもう5回目。だけど「愛は地球を救う」ということに本気で向き合ったのはこれが初めてかもしれない。

Sexy Zoneは「一生懸命頑張ることがSexyだ」と言う。そしてSexy Zoneの言う「愛してるよ」は全く軽くない。心の底から愛の力を信じているんだとわかる。例え周りから馬鹿にされようとも。一切飾らず真摯に真正面から向き合っていた24時間テレビSexy Zoneを見て「愛とSexyは地球を救う」と本気で思った。

初登場のMステで突然薔薇を持って歌い出した5人の男の子たちは、私が想像していたよりも遥かに強く美しくSexyな5人になっていた。

頂上の景色だけじゃなくて、頂上に行くまでの景色を"5人"で見てください。そしてそれを見守らせてください。

Sexy時代が明けた。

 

最後に叫ばせてください。

 

 

Sexy Zone大好きだーーーーーーーーーー!!!!!愛してる!!!!!!!!!!

 

時すでにSexy

とっくに新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて、2018年が明けたと共に私のSexy時代も明けました。Sexy Thank You.

最近『担降りブログ』なるものが流行っていますが、そんな悲しいものなんて見たくない。上から下に落ちることが一緒なら、どうせならhappyになれるような『沼落ちブログ』を書いてやろう!そう決心してこのブログを書いています。

えっとですね、改めてご報告させていただきますと、1月にSexy ZoneのFCに入り、Sexy Zoneさんを心から応援すると決心致しました。
担当は、そう、ケンティーこと中島健人くんです。

元々ただでさえ愉快な性格なのに、中島さんのSexyパワーを受け取ってしまった私は、ファビュラスな中島さんとは違ってただのアホが加速しています。

これから私が中島健人さんと運命を共にしようと決心した経緯について無駄に長々と記すので、すでにセクゾ担の方々は「新規はここで落ちるんだ」と。まだSexy時代に追いついていない方々は「こんな素敵な世界があるんだ!」と参考にしていただければと思います。

【事前情報】

私について:

嵐ファンまもなく10年戦士。櫻井担。

5年くらいゆるっとエイター。三馬鹿信者のヨコヒナ狂の村上担。

3年前伊野尾くんに突き落とされJUMP沼の住民。やぶひか最高。

さて、どうでもいい私の情報についで、お待たせしました!上記のオタクがどんな風にセクゾという沼に落ちたのか見届けていただきましょう!

2011年11月 嵐の『迷宮ラブソング』目当てで見てたMステで、初登場を見届ける(これは嵐ファンならみんな経験してるはず)

もう録画は編集して残ってないけど、真っ白なセットで真っ白な服着たどう見ても子供な5人が、赤い薔薇を持って歌ってたあの数分間は未だに思い出します。それと「マリウス葉」のインパクトな。7年後まさかハマるなんてな〜〜!!

2012年「いや、『Sexy Summerに雪が降る』ってwwやばいなww夏なの冬なのどっちなのwwww」

2013年「『Duバイ』とかもうwwすごいなこの子たちww」

後に笑ってられないくらい沼に突き落とされるからな、覚えとけよ自分。

 

2015年 「え、あんまり後輩と関わりを持たなかった翔ちゃんが後輩に時計をあげたァ?!誰………菊池風磨ァ?!慶應行ってるのかこの子…すげぇな…」

そして、年末のSPドラマ黒崎くんで中島健人くんを初めてちゃんと認識。カラフルEyesなかなか好きでした。

2016年3月 全く本意ではなかったものの結果的に黒崎くんを3回見る。顔がいい。黒崎くん何回見ても好き。ばーちーかわいい。顔がいい。黒崎くん好き。…とこの辺りで"ケンティー"はバッチリインプット。

VS嵐にセクゾがくる。巻き起こった「Sexy○○」旋風でケンティーは完全に私のお気に入りへ。

夜会にもセクゾがやってきた!ふまけん以外の他の3人も顔と名前がようやく一致。人間顔面国宝の佐藤勝利くん、顔面パンストやった松島聡くん、ドイツ生まれの御曹司マリウスくん(インプット)。

時かけにて一時的に風磨がリア恋に見える(この時はまだ見えただけ)。

そしてたぶん『よびすて』でMステ出た時も、嵐が一緒でした。その際、Shori Satoのあのスタイリッシュな口笛を目撃(その当時から『よびすて』は普通に好きな曲です)。

10月。国宝・佐藤勝利さんがご成人されたと聞き、同級生であることを知る。ここで親近感がグッとUP。

この頃からTwitterにセクチャン動画が回り出し、セクチャンにハマる。ふまけんの頭のおかしさを知る。

2017年 友人をJUMP沼に引きずりこむはずがどこかを間違えてセクゾ沼に落とす。

気まぐれでたまたま見てた少クラのセレクションSPで、ふまけんの愛のかたまりを目撃して何かを察する(シンメ厨)

AOKIのCMにて『ROCK THA TOWN』に出会う。やべぇかっけぇ。顔ちっちぇ(勝利くん)。

顔面人間国宝と千年に一度の美少女の共演『ハルチカ』は私情により見に行けず…(結構根に持ってる)

ワクワクがセクゾだと発表される。ここでちゃんとセクゾを知ろうと、セクチャンを見返し、メンバープロフィールを確認。ケンティーはまさかの一人っ子だった。そしてピアノも弾けた。それから書いた論文のタイトル「壁ドンと吊り橋効果」

7月。ワクワク学校。生で見るセクゾちゃん、顔が綺麗すぎる。そして、嵐を心から尊敬してる姿勢に心惹かれる。

〜ここら辺からSexy ZoneとのFC入る入らない攻防が始まります〜

この時私は何も知らなかった8月25日周辺で、大量にTLに流れてくるふまけんエピソードに殺されかける(シンメ厨)

10月。嵐『未完』披露時のえむってにて『ぎゅっと』鑑賞。あれ?セクゾっていうか風磨ってこんなに可愛かったっけ??

12月。我らがちねちゃん出演の『みせコド』番宣にてバラエティでのケンティーを多数目撃。やばいぞこの子、笑いのセンスが良すぎる。そして顔がいい。

12月27日 みせコド鑑賞。なお先輩やばい、好き…(語彙力の喪失)

2018年(Sexy元年)

1月5日 お年玉により潤ったお財布でRTTのA盤をGET。この日から毎日見続ける。

そしてセクチャン恋愛テストにて。

先生「好きな子はデート2,3回目の早いうちに告れ!なぜならよくわからないうちに告白すると付き合える率が高いから。勢いで押せ!」

私「ん?まってよ…。自担は長男しかいない私だけど、ケンティーは一人っ子。だけど、グループの中じゃお兄ちゃんしてる。最高。そして彼はピアノも弾ける。なによりアイドルのプロ。さらには最強のシンメ、ふまけん。相方の風磨は私と同じ櫻井担そしてなりより、私は勝利くんと同級生!つまり勝利くんから見えるSexy Zoneは私が見るSexy Zoneとほぼ同じ(?)これはもう応援するしかない!」

中島健人(黒崎晴人)くん「俺を好きになれ!!」」

私「うん!!!好き!!!!!!!」

そしてFC入会(拍手)

そしてその日、注文していたSTAGEコンが届く。あまりの内容の濃さと演出の凄さとなによりメンバー愛に涙。あの、ほんとに、もっと早くSTAGEコン見とけばよかった。何がいいって、随所に嵐コンのオマージュが感じられて何の知識のない私でも「これつくったの風磨だ」って確信できるほど。だから、嵐ファンは今すぐSTAGEコン通常を買ってくれ。実質タダだから。

 

それでは、続きまして、FC歴1ヶ月のど新規から見える各Sexy Zoneメンバーを紹介するぜ!!

 《マリウス葉

Before:まず名前がすげぇ…。ていうか本気で天使みたいな顔してる。ついこの間でショタだったのにどこまで背伸びるの!

After:ドイツからやってきた正真正銘の大天使シュミッヒ様。背もぐんぐん大っきくなって顔が完成されてきた…。シブ5時での発言とか、日本語と英語を習得したその能力恐ろしい。ていうか最近マリちゃんの発言からケンティーみを感じるんだけど、これはもしかしてSexy英才教育の賜物?!

松島聡

Before:いつだったかの歌番組でダンスがキレッキレでとてつもない沼の予感はしていた。もう幼すぎた彼の姿はないことにヤバさは感じていたんだ。炊飯ジャーの子(VS嵐)

After:とてつもない沼だった。セクチャンにて生まれた数々の伝説。そして時折見える闇みたいな色気。え、まってよ聡ちゃん、怖いよ聡ちゃん。いつそんなに大人になったの!ちょっとこの前まではショタだったじゃん!!え、うそ!怖い!!!ラジオの最後に自分の名前言うはずが「佐藤勝利」っていうのはなかなか怖い!!!

佐藤勝利

Before:顔面人間国宝。顔小さすぎでしょやばい。「Sexy Rose」がいつのまにかとんでもない色気になったよね。え、同い年なの??

After:顔面人間国宝。顔小さすぎ。同い年だった…。そしてぺろい。とんでもなくぺろい。たぶん生まれたて。キュヒキュヒ笑うのほんと生まれたて。やばい、産み育てたい。そしてセクゾの中で唯一のツッコミ担当お疲れ様ですという気持ちです、頑張ってください応援してます。

中島健人

Before:黒崎くん。あぁ、かっこいい。そしてなかなかぶっ飛んでる…。セクチャンの狂い具合がヤバスティックパイナポー。ほんとかっこいい。健人くんのソロコン行ってみたい。CANDYは天才。え?一人っ子なの??

After:可愛い。めっっっっちゃ可愛い。え?ほんとに可愛い。無理すぎ。いや、確かに王子なんだけどそれ以上にプリンセスなんだわ。ほんっと可愛い。ていうか、あんな仕事できるのに結構天然とかそれ、キャラ設定盛りすぎでしょ。どうなってんの神様!それから足の長さはバグですか??どう考えても体の9割足だよね??滲み出る一人っ子らしさと人間関係に不器用な感じ。めっちゃ愛おしい。守るよ?マジ。

菊池風磨

Before:あの、ごめんなさい、本当に苦手なタイプでした。歌い方も好きじゃないし、めっちゃかっこつけてる感じ、本当にツボじゃなかった。けど、翔さんから腕時計とかもらってるからたぶんいい子なんだろうけど、私は好きじゃなかった。

After:私はこの人のことを何も知らないで好きじゃないとか本当にぶん殴ってやりたい。照れ屋でシャイで不器用なだけで、愛情がとても深い人だし何よりアツい。ワードセンスが冴え渡ってるし、何より頭がいい。そして私が風磨に落ちた決め手はお兄ちゃん度の高さ。数々のセクチャンで遺憾無くちびーずに発揮されるお兄ちゃん感。ちびーずのこといじりすぎじゃない?大好きすぎじゃない??え??顔がデレデレなんですけど??こんな顔するの彼??やばくね??これはもう……好きだ。大好きだ。

 

………ていうのがハマって1ヶ月もしないうちのホヤホヤなときのイメージなんですけど。今ね、ちょうどリペコンが終わったばっかりでハマってから5ヶ月経ったんすけど、あの、いよいよ後戻りできないくらいまでハマってまして。

これ書いてた時はまだ勢いとノリ半分だったんです。だけど、なんかもう一緒に心中したいくらいに好きになってしまって…5人とも。私はこの子らがテッペン取るのを見届ける!どんなに時間がかかってもいいから絶対にテッペンに登りつめてもらう!!

という具合なので、沼落ちブログ真剣交際編へ続きます。ノリではなくなってしまった。私は自分の死ぬ場所を決めた。ちなみにふまけん好きが悪化して、あんなに好きじゃなかったのに今や風磨担とまで言われるくらいに風磨のことが大好きになりました。本当に私は風磨のことを何も知らなかった、ごめんなさい。マジで好きです。

私たちの一番星・すばる

私は掛け持ちをしているジャニオタです。担当は村上さんです。関ジャニ∞のことは茶の間を含めて7年くらい応援しています。そのことを踏まえて、どうぞ。

 

私が初めてすばるを認識したのは某動画サイトで見た『愛してる愛してない』だった。センターで歌い踊る17,8歳の彼は画質の悪い動画でも特別キラキラ輝いて見えた。

すばるを身近に感じたのはいつだったんだろう。ザ大阪なイメージのあるヨコヒナと一緒によく嵐のことをしゃべっている人。そんな存在だった。

いつのまにか、彼らの存在は私の中でとても大きなものになっていた。血こそ繋がってないけど本当の家族みたいで。茶の間ながらにその仲の良さが大好きだった。バンドスタイルの楽曲がかっこよくて、彼の真っ直ぐすぎる歌声が大学受験で疲弊した私の心をずっと励ましてくれていた。

大学受験が終わった次の日。私は彼が主演の『味園ユニバース』を観に行った。物語こそフィクションだけど、"歌"だけで人生を再生していく主人公はまるで彼そのものだった。いつしか私は彼のことを"音楽の女神に愛された人"、そう認識するようになっていた。彼には"いつか消えていなくなるんじゃないか"そんな儚さがあった。でも、その儚さと歌ってる時の力強さのアンバランスが彼の魅力だった。

それから10ヶ月、茶の間から4年目にして初めて彼らのコンサートに行った。ずっとずっと憧れていた"eighter"の1人として手を繋いだあの瞬間はとても嬉しかった。

そして去年彼らは味方のいない敵陣に乗り込んでいった。その時に彼が放った言葉

関ジャニ∞っていうアイドルグループやってます!」

Twitterでこの言葉が流れてきた時、すごく嬉しかった。バンドをやる彼らも、お笑いに全力な彼らももちろん大好きだけど、私は"アイドル"でいる彼らがいちばん好きだから。

私の2017年はすべてエイトに捧げたと言っても過言ではない。少なくとも"8月のすべて"は関西のおっちゃんらにあげた。全部。あの夏は私にとってキラキラの宝物。

そして今。私は就活生として来たる試験に向けて毎日勉強している。だから3月に発売されたDVDも見ていない。試験が終わったら、見ようと思っていた。そのために頑張っていた。部屋真っ暗にしてペンラ持って現場と変わらないくらい楽しんでやろうと思って頑張っていた。

 

自分が応援してる時に誰かがいなくなる、ということを私は初めて経験した。

悲しい。

寂しい。

嫌だ。

グループに対していわゆる"箱推し"スタンスな私にはあまりにも酷すぎた。

だって、7人で笑ってさえいてくれれば、1年リリースが無かろうとも私は耐えられる。そういうタイプのオタクだから。

関ジャニ∞は彼を中心にして回っていると思っていたオタクだから。

 

今日、試験が終わるまで見ないと誓ったDVDを見てしまった。もちろんそこには笑顔が絶えない幸せな7人とeighterしか写ってなかった。

どんなに精巧な夢でも永遠ではない。

始まりがあるなら終わりがある。

当たり前なんてない。

私の好きな人たちは、あまりにも幸せな夢を見せることがうまい。そんな当たり前のことさえ忘れていたくらい。

 

11時すぎ。やっと繋がって見たFCページには目を背けたくなるような文字が並んでいた。それも7人分。

そしてそのあと会見があった。

誰よりも彼の音楽性に惹かれていたやすくんも、彼のことが大好きなまるちゃんも、上京して何を食べていいかわからず泣きながら電話した亮ちゃんも。みんな彼の背中を押す、と。

21年間ずっと一緒にいたヨコヒナも。彼の1人の親友として彼の夢を応援する、と。「正直、この日が来てほしくない」なんて泣きながら言うくせに。ファミレスで明け方まで一緒にモンハンやってたのに。勝手に彼の実家に遊びに行って筑前煮食べたくせに。

「幼なじみとして応援します」と涙を溜めながら言うひなちゃんも。「彼の目を見たら引き止めるなんてできなかった」と。彼がやってくれるならなんでもええ、だって彼のファンだから、なんて言ってたくせに。

私は三馬鹿を宗教的に見ているオタクなので、彼がいないシンメ・ヨコヒナなんて想像がつかない。それは一番星を失った昼の月と夜の太陽。それは王将を失った金角と銀角。彼がいないヨコヒナなんて想像ができない。なんのためのシンメなのか。

ねぇ、もう横山さんにさよならをさせないでよ。もうこれ以上ひなちゃんに待ってって言わないでよ。

唯一の救いは大倉だった。

「勝手な決断をしたすばるくんのことを嫌いになれなかった」

まさに。

なんでみんなそれくらい大好きなのに離れなきゃいけないの。彼の夢を7人で叶えることはできなかったの。

でも、もうそれは他の6人がしつこいくらいに本人に言ってくれていた。私がテレビに向かって泣き叫ぶまでもなく。そりゃそうだよね、だって大好きなんだもんね。

 

すばるの決断はすごく勝手だと思う。

あまりにもメンバーと共有した時間が多すぎるから。

あまりにも関ジャニ∞がすばるのことを大好きだから。

こんなことになるなら、喧嘩でもしとけよ。不仲で脱退してよ。そしたら好きにならずに済んだのに。

それでも、メンバーが付き添って会見してくれるほど愛し愛されてたすばる。

私も同じだ。

こんなに勝手な決断をした男の背中を全力で押す、そんな関係性の彼のこと嫌いになんてなれるわけがない。

すばるのこと嫌いになんてなれない。大好きなんだよ。

だから、どうして。なんで。

 

 

発表から11時間後の今、泣き腫らした目でこのブログを書いています。全然、気持ちの整理がつくはずはありません。頭痛が痛い。

エイトのことが大好きなすばるの決断はあまりにも辛い。でも、そんな辛い決断をしてまで下したんだからきっと相当な覚悟があるんでしょう。

アホ。

すばるのアホ。

あなたのこと大好きなeighterは、メンバーはどう前を向けばいいんだよ。

なんだよ、音楽って。大好きなメンバー泣かしてまでやりたい音楽ってなんだよ。

すばるを連れて行こうとする音楽の女神が憎い。音楽が嫌い。

唯一の救いはメンバーがみんな、寂しくて悲しくて、納得して背中を押して、前を向いていること。まだまだ咀嚼しきれてなくて葛藤してる。それがわかってるだけでも救いだった。

ここまでするなら絶対に、全米ビルボードで1位とか取るくらいになってよ。世界を揺るがす渋谷すばるになってよ。ねぇ。

ずっと大好きだから。

音楽の女神に愛されてしまったんだから。

7人で笑い合う私の大好きなエイトからさよならしたんだから。

 

これからのエイトはどうなるんだろう。きっとしばらくは悲しいんだろうな。歌も聞けないし。とりあえず距離を置きます。関ジャニ∞が大好きだから。そして、就活が終わったら6人の関ジャニ∞のコンサートに行って自分の目で確かめてきます。そのあとはその時に感じたことで決めよう。

とりあえず、一日中泣き続けた結果、こんな結論になりました。

 

グループ全員が同じ夢を持ち続けるって、新しい星を見つけるくらいの奇跡で。どんなに仲良しでもいつかは終わりがくる。彼らが生きる明日は悲しいけどもうひとつじゃない。

私は"7人の関ジャニ∞"が好きだったのか、"アイドルの関ジャニ∞"が好きだったのか。そのうち、わかるんだろうか。

いつか、旅立つ夢を見てしまったすばるのことを、誰も知らない未来をひとりで歩くすばるのことを、心から応援できたら。

そして、いつかまた春がきたら7人が、8人が笑い合ってますように。

 

さようなら、僕らの一番星。