ホシニジ。

この素晴らしい世界でポップでハッピーな9つの星と5色の虹を見つけた人のブログ。

考察

アイドルと「東京」

ここ最近「東京」というものについて考えさせられることが多くなった気がします。すべてのきっかけは天才・錦戸亮なんですけど。 そんなこんなで関東地方に住む、都会でもなくど田舎でもない中途半端な地理的条件の中で生きるオタクの視点から、関ジャニ∞と…

君はハンバーガーで 僕はスイーツ

こんなにもアイドルがアイドルしてる曲ある?ってくらいに私の中のど直球アイドルソング『Hey you!』。セクゾ担じゃない私がこの曲について解説します。お願いだから石は投げないで。じゃあ、まずはこの曲のデータをおさらい。 アルバム『Sexy Power 3/Sexy …

「BOY」という時代

みなさん、とっくにあけましておめでとうございます!!!今年もみなさんにとって現場多き幸せな1年になりますように!!! 新年といえば成人式(?)。私事で大変恐縮ですが、今年、めでたく成人いたしました。これもひとえに皆様のおかげだと思っております…

ジャニーズと映画

みなさん、どーも。ひさびさの考察記事です。今回は友人からの依頼で「ジャニーズと映画」をテーマにブログを書いてほしい!と言われたので、その友人には最大級の感謝をしつつ需要があるかどうかわかりませんが書いてみようと思います。 今回はジャニーズが…

櫻井担が思ったこと

※この記事はあくまでも櫻井翔のファン個人のものです。 すごい事態になりましたね。ここ一ヶ月で急激に名前を聞く機会が増えた翔さんのお父様。昨年の7月に総務省事務次官へ就任し、先月に退職。そして都知事選の最有力候補として名前があがり、自●党の方々…

JUMP新アルバム『DEAR.』大予想大会!

お久しぶりです。三日坊主どころか二日と続かない私は、本当にブログに向いているのかという根本的な疑問を持ち始めましたが、それでも自分のために書きます(笑)マジサンレビューもあいしーくでいらいとレビューも書けてない中、JUMPのアルバム予想します…

私がジャニーズを好きな理由

アイドル戦国時代と言われる昨今。今や様々なアイドルが三次元にも二次元にも存在する。見ての通り、私はそんな数あるアイドルの中でもジャニーズが好きだ。しかし、アイドルはたくさんいるのだから自分好みの顔ならば、別にジャニーズじゃなくてもいいだろ…

歌詞パート割りに見るJUMP《パート2》

後半戦!7ちゃんの分析と総評です。 【岡本圭人】 人気と比例して遅咲きだった彼は『RWM』でソロパートデビュー。なんと6年の道のりだった。 現在もまだまだ人気上昇中な彼は、他のメンバーと比べると若干ソロパートが少ないが、確実にソロパートを増やし…

歌詞パート割りに見るJUMP《パート1》

アイドル楽曲の魅力といえば全員が同じ歌詞、同じメロディーを歌うユニゾンでグループの一体感を味わうことができること。 でも、もう一方で、ソロパートでその人個人を味わうのも同じくらい魅力的なことだと思う。歌い方にはその人の性格がストレートに出て…

真夜中のシャドーボーイ の魅力

「こっち向いてよチェリー そっちじゃないチェリー」 どっちやねーん!ってそういうふざけたことをしたいわけじゃありません。 私はいたって真面目にこの曲について語りたいんです。一歩間違えたらギャグになりそうな歌詞ですが、アイドルの歌詞って本来そう…

ウィークエンダー/明日へのYELL がJUMPにもたらした意味

まるでJUMPの存在を大きく世に知らしめたようなシングルが世間に放たれてから早1年。1年前はJUMPにまったく興味がなかった私は、金田一のドラマの初回を奇跡的に見ていたくらいでした。 そんな私は先日、金田一少年の事件簿neoを一日でいっき見するという…

初の24時間テレビパーソナリティーを見届けて思ったこと

みなさん!お疲れ様でした!!出演者の方々もスタッフの方々も。実質24時間以上ある長丁場、V6担の方もJUMP担の方も体力とHDDとの戦いが終わりましたねww 私も今、達成感と満足感と希望に心がいっぱいです。 JUMPにとって初めての24時間テレビパーソナリティ…

村焼きジャニーズベストテン

流行に乗ってみようと思いますww すでに私はたくさんの方のランキングを見まくっているので、かなり影響されている感は否めないです。 「村焼き」って何?と思った方へ説明。村焼きとは、まあ簡単に言うと、村を簡単に焼けちゃうくらいのカリスマ性を持ち、…

自担の共通点

つまり櫻井翔と伊野尾慧のことです。 ここ最近twitterを見ていると、(私が該当者だからかもしれませんが)嵐ファンがどんどんJUMPに堕ちているのをよく見ます。 特に櫻井担の伊野尾慧堕ちがひどい。 ということで、その傾向と謎を解明すべく、私が思う櫻井さ…

櫻井翔 日エン(2014年7月号)大考察会

さて、前回は去年の日エン(私が使っている通称です(笑))を深読みしましたので、いよいよ本題の『日経エンタテインメント 2014年7月号』に入りましょう!!3大トピック1、やりたいことをやる嵐2、"ハワイ"3、15周年 前半の音楽に関する話は割愛します。も…

櫻井翔 日エン(2013年7月号)大考察会

つい先日、翔さんが表紙の『日経エンタテインメント』が発売されましたね。内容が結構重かったためにTwitterでも話題になりましたねー。私はああいう内容の重いインタビュー記事が大好きなんですよ(笑)だから、今回はそれを私流に解釈してみたいと思います。…

背中合わせの二人

※ちょっと腐った要素が強いです。 お久しぶりです。年内に前のブログの記事をこちらに移そうと思っていたのですが、ゆるゆる学科にしてはなかなかの量の課題が出されていたので断念(ただの言い訳という文句は随時受け付けます)。あとでちゃんとやります。 …