ホシニジ。

この素晴らしい世界でポップでハッピーな9つの星と5色の虹を見つけた人のブログ。

【アルバム】『DEAR.』レビュー

子供のころからアイドルとして優等生だった彼らの、その綺麗な顔の下に隠したオトナな一面。

私が雑誌のライターさんだったらこの見出しをつけますね。

ということで、アルバム『DEAR.』やっと発売されましたね!一時は発売されないんじゃないか説まで流れましたが、無事に発売されました。それでは前ブログの予想との答え合わせも兼ねて、感想を散らかしていきます!

 

starainbow.hatenablog.com

1. Invitation(Instrumental)

愛しい彼へ手紙を綴っているであろう彼女の声から始まります。そのままホーンテッド○ンションのような雰囲気と女の人の「ようこそ、DEAR.ワールドへ」的な声に誘われて…

2. Masquerade

仮面舞踏会ぃいいいいい!!!(デジャビュ

まず、Invitationからの流れが最高。確実にやばかったです。みんな色っぽい歌い方してるんだけどさ、ゆうやパイセンの「踊ろう Tonight」がはんぱねぇ。

さらにはんぱねぇのが、PV。がちで黒タキシード+仮面だったよ…。ありがとう、やまちゃん…。なんてお礼していいか…。あのね、顔面偏差値がすごい(語彙力)。ひさびさ、がっつり踊ってるPVだし、かっこいいしかっこいいし。大サビ薮様がセンターなのほんとつよい。薮様が統治してる国に税金納めたいです。

メイキングはくだらないの一言(笑)。仮面を賭けたじゃんけん大会(笑)。ほんとああいうくだらない遊びの発端がいのありなの変わらないよね(笑)空き時間をみんなで集まって遊んでるJUMPちゃんほんと好きだよ。とにかく私の語彙なんかじゃ到底伝えきれないので買ってない人は買ってください!!得しかしません!美とかわいいとかっこいいの暴力です!

3. RUN de BOO!

楽しさしかない!サビではグループ名からの使命からなのかなんなのかひたすら「Jump」って言ってますね!なんと88回も言ってました!楽しい!絶対コンサートでやったら楽しいよこれ。おそらくこのアルバムの唯一のバンド曲でしょうね。

4. ドリームマスター

疾走感とかっこよさ。なんか、今のJUMPの勢いと年齢が見事にマッチした曲だと思います。とにかくサビの疾走感がクセになる。「自分に嘘ついちゃ身体に毒だ」って大ちゃんが歌うので、正直に生きていこうと思います(報告)。

5. B.A.B.Y.

洋楽っぽいかっこよさ。

イントロからどこか洋楽っぽい強めなビートでノリノリ。Bメロの「Be my Be my Be my baby」の中毒性の高さ。Aメロはゆうやパイセン無双ですね。恋に落ちたことに気付くんだけど、認めたくなくて、でももう苦しくて…。だったらもう言うしかないっていう非常に男らしい歌詞。新感覚なかっこよさです。

6. キミアトラクション

やっぱりちねちゃんがNo.1♡

7. Special Love

一昔前のユーロビート感満載で、それを平成生まれの彼らが歌うのが逆に新鮮。スピード感たまんないっす。嵐みを感じるのは私だけでしょうか。

歌詞がね、ほんとにいい。「僕たちが傍にいるから恐れないでどんどん挑戦していこう。失敗しても僕らがいるから。」ってスピード感たっぷりに歌うんですよ。これこそアイドルからのSpecial Loveだなって。心折れそうになったらこの曲聞いてじゃんぷちゃんに背中押してもらおうと思います。

8. Dear.

泣ける。

JUMPとファンの関係を歌った素敵なバラード。「君がくれた想いこそ 僕にとっては生きていく証」っていう歌詞が、とてもアイドルの背負っている運命とか使命とか喜びを表現しているように思える。

大ちゃんの優しい声が響くCメロからの、やぶやま(やぶちゃん上ハモ)大サビっていうドラマチックな展開。サビのメロディがね、とにかく優しい。今回のアルバムが私たちに向けて作られたんだなって実感します。

9. Eternal

『Dear.』からのこれはズルい!!

なによりさ、JUMPついに多田さんの曲が…!(号泣)嵐担が絶対的信頼を置いている多田慎也さん。大ちゃんの優しい声から伊野尾さんののびやかな声へ。優しいけどどこか切なくて。でも愛と幸せに満ちたメロディと歌詞。

「幸せの数を訊かれたなら 君と生きてきた日々を数えるのだろう」

多田さんのつくる世界の中でJUMPの声が聞こえるなんて本当に素敵です。Cメロのいのありからの落ちサビは、誰かのソロじゃなくて全員でのユニゾンってところが箱推し担にはたまらない展開です。どうかこれからもたくさん多田さんの曲を歌ってください。あとね、すごくサビのユニゾンの声がまとまって聞こえるの。JUMP歌うまくなったなーって個人的に感動しました。

10. SUPERMAN

「男子たる者強くあるべし!」的なありがとうございます!!!

女!守る!夢!大きく!ありがとう!!!

メロディー好きだなー。重低音と歌詞のリズムが合っていて、メロディも強い印象を受けます。とくにサビはオクターブで音が重なっているので骨太な印象。歌詞も単純だけどかっこいい。好き。やっぱりね、男子は女子を守るために強くなきゃいけないのよ!というか、強くあろうとするJUMPが基本的に好きです。

11. order

今回のナンバーワンは君だ!!!

R&B調を歌うJUMPが最高すぎです!!強いビートに雰囲気のあるサックス。そして有岡大貴!!ブギノン!!最高!!かっこいい!!(泣)

JUMPってこんな色っぽい歌い方できたんだね…。私もう無理だよ…(泣)とくに山田さん!技術高い。極め付けは大ちゃんの覚悟を決めたように歌う「時は満ちた」からの「Are you ready?」ね。あのインパクトと中毒性!!たまんないよ!かっこいい。歌詞も好きな人のこと考えて悶々と戦ってる男心がいいっす。

最高っす。ありがとう(泣)有岡大貴最高(号泣)

12. Tasty U

和×歌謡×カルメン調

ジャニオタみんな好きだよこれ。ジャニーズの王道って感じのメロディ。「綺麗に無邪気に永遠に」っていうサビのフレーズとメロディが綺麗で儚くて好き。ここでもゆうやの素敵な囁きが堪能できます。おそらく、してはいけない恋に落ちていく情熱的な歌詞です。

13. スローモーション

JUMP担が大好きなやつこれ。キャッチーでかわいいんだけど、すごくノスタルジック。歌詞もね、すごく希望と切なさが交錯しててドラマチック。

サビの「ふいに ふいに」「急に 急に」っていうフレーズのリフレインが切なさを増加させるんですよ。きっと付き合って別れて離れ離れな二人だけど、いつか笑って会おうねっていう切ないけど温かい歌詞。

14. 愛のシュビドュバ

かわいいJUMPに久々会えたー♡

お昼のお料理番組ですかって感じのイントロ。おしゃれでかわいい。やっぱりね、スイーツが食べたくなるね(笑)ブロードウェイ調なのでライブでの演出がとっても楽しみです!

15. KISS Diary

年末に聞きたい曲ベスト1。

春も夏も秋も冬も、素敵だったな。楽しかったな。なぜならJUMPがいたから。どんな季節も大好きだよ。今年も一年ありがとうね。

…って、今年のカウコンで思いながら聞きたいです。

16. Brand New World

王道 is wonderful!

これでもう一回バレーのテーマソング歌ってもよさそう。JUMPはやっぱりこういう爽やかで明るい曲が似合う。

17. From.

通常盤レンタルしてきたら追記します。

18. 今夜貴方を口説きます [伊野尾慧・八乙女]

 ギリギリアウトです!!

伊野尾くん!光くんにそういうことは歌わせちゃダメでしょ!(モンペ)曲調はすごくかっこいいのに、なぁ…(笑)でも、C&R楽しいからいいや!許すよ!コンサートで楽しくないわけないでしょこれ!伊野尾くんはほんとに自己プロデュース能力が高い。あっぱれです。ただね、「全部入れてもいいかい?」はいくらかわいく言ってもアウトだよ。伊野尾くんの「I Love You(囁き)」聞けたからいいけど!許すけど!!ちゃんと踊ってね!!(投げやり)

19. Mr.Flawless [薮宏太・高木雄也・中島裕翔]

ずるいよ!こんなの!!世界観が好きすぎる。助けて。

「盗まれていくのはハート 証拠も残さぬ犯行 現場落ちていた 赤い薔薇」

やめて!ジャニオタは怪盗大好きなの!

「これ以上僕を見たら もう誰も愛せなくなる」とか世論すぎて何も言えねぇっす…。もうなんでもいいから早くコンサートで私のハートを奪いに来てください(泣)

20. 僕とけいと [岡本圭人・知念侑李]

か、かわ…(倒)

あの、むり(泣)かわいすぎる(泣)

何をしてもかわいいから許されるちぃちゃんと、そんなちぃちゃんに振り回されるけいと。ふたりの毎日は楽しいことがいっぱい!素敵な仲間たちに囲まれて気ままな二人のスタイルで今日も楽しもう!

っていう絵本が書けます(本気)。二人一緒なら可能性は無限大だもんね…!ああ、むり(号泣)

21. My Girl [有岡大貴・山田涼介]

†┏┛墓┗┓†

有岡さん、選曲ありがとうございました…。どこの洋楽の爆モテナンバーですか…。

山田さんの色っぽい声と大ちゃんのまっすぐで優しい声のユニゾンそれまでずっとラップ歌ってた大ちゃんが「僕だけを見て」って歌ったとき私の中の何かが跡形もなく崩れ去りました。さらに追い打ちをかけるかのように降り注ぐ山田さんのフェイク。

歌詞ももちろん最高。ずっとね、私のことをね、大貴と涼介が取り合ってるの…(混乱)(泣)

 

twitter.com

これさ、コンサートでやるんでしょ?死人出るよ?やめよう?生命の危機だよ。とにかく女はジャニオタとか関係なしに、全員聞かなきゃいけないよ。

ーーーーー

ということで、ざっくりとレビューでした。

ちょっと総括しますね。今回のアルバムは前作とは打って変わってわりと偏った印象を受けました。見事に全部かっこいい(泣)ただ、10周年を前に人気が出てきた今、個人的には偏らせずにバランスのとれたアルバムのほうがいいんじゃないかな、という考えはありました。でも、世間に定着した「Hey! Say! JUMPと言えば、若くて(きっと二十歳前後だと思っている人が大半)、キラキラしてて、かわいい」という固定イメージにいい意味でのショックを与えるには十分すぎるアルバムになったのではないかなと思います。「え、Hey! Say! JUMPっていつの間にこんなに大人になったの…?しかもこんなかっこいいなんて」うまくいけばみんなJUMPの沼落ちですね(笑)

あと、もう1つ欲を言わせていただけるなら、MasqueradeのPVのダンスはもっと完璧にそろえてほしかった。寸分の狂いのないダンスはJUMPの大きな武器なので。忙しいから大変だとは思うけど、そこは妥協してほしくなかったです。まぁでも、PVのクオリティーは最高なので(なぜなら顔面偏差値が最強だから)♡買わないと確実に損しますよ。

私事ですが、今回はツアーに2回入らせていただけるので、今のじゃんぷちゃんにしかできないことをこの目でしっかりと見ていきたいと思います。その際にはレポも上げたいと思いますのでよろしくお願いします。その他、執筆中のレビュー・考察等あるので今しばらくお待ちください!