読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホシニジ。

この素晴らしい世界でポップでハッピーな9つの星と5色の虹を見つけた人のブログ。

ありがとう、国立。

CD・DVDレビュー

※今回はあり得ないくらい長いです。
※個人の考察や感想、偏見が転がりまくってますのでご理解のほどお願いします。


やっっっとリリースされましたね(笑)
アラフェス。
もう、待ちくたびれていじけてました←
待たせたわりには誕生日カットとかふざけたことを…
テスト前にも関わらずフラゲしました(笑)


ちょっとねー、今回ねー、いろいろ思うことがありすぎて、なんか、爆発しそうです(笑)
私は基本、嵐さんだったらなんでもいいんですが、自分の中に嵐評論家がいまして…(え、怖い)。
まぁ、ちょっと厳しいこと言っちゃうと、'12のアラフェスはイマイチだったかなーっていう印象があったんですよ、正直。
いや、そりゃ、嵐さんのコンサートは私の中で不動の世界一なんですけど。そんなことは言うまでもないんですけど。
だけど、評論家的意見だと、ちょっと"リクエスト"っていう制度に頼りすぎてるんじゃ?感は拭えなかったんです。
リクエストの曲やるっていうそれ自体がものすごく画期的なアイディアだし、ファンを思ってこそそういうことができるんだと。
だからやっぱり嵐さん好きだなー、とはもちろん思いますけど。

今回、'13のDVDを見て直感で思ったことは"成長"でした。
まぁ、昔の曲がやっぱり多かったから、必然的に成長は感じるんだろうけど。
そうじゃなくて。
なんだろう…。
こんな一ファンでド素人が評論家気取って発言してて生意気だっていうのは重々承知で言います。

構成が素晴らしかった。
これに尽きます。
ツイ○ターでセトリを見たときは正直、落胆しました。
「なんだ…、やった曲全然変わってないじゃん。えー、DVD買う価値あるかね?これ?」とまで思ってました。
まぁ、結局買いましたけどww


だから、期待値としてはこれまでのDVDの中で一番低かったかもしれません。
だけど、一通り見て「あぁ…。やっぱり。嵐さんはやってくれたよ。これはやってくれた。完全に負けたわ…。」と思いました。

特に素晴らしかったと思った点。
1、曲のアレンジ
2、セットの使い方
3、曲のチョイスと流れ

1、曲のアレンジ
これは断トツというか、今回は本当にこれに尽きると思います。

中でもStill...は群を抜いてました。
私はこの曲が大好きで、特に思い入れも強いから、結構アレンジはしてほしくない曲だったんですよ。
風景コンのドームDVDのアンコールのアレンジ(ちょっとブラスが強めな感じ)は正直言ってやってほしくありませんでした。
だけど、今回はもう……、にのちゃんのソロに始まり、ジ○リの青春映画を思わせるような曲調、そしてにのちゃんで綺麗に終わる、というまるで芸術的なアレンジでした。

あの、ラストサビのにのちゃんの歌声はほんっとになんなんですかね。
今にも消えそうな細くて儚い声でいて、涙がでるほど優しい声(′;ω;`)
ほんとに、そのまんまあの星空に消えてっちゃうんじゃないかと…(′;ω;`)

その他にも、風の向こうへはブロードウェイを彷彿とさせてくれたし、Hip Pop Boogieのあのちょっとしたアレンジも、効果的だった気がします。

2、セットの使い方
言わずもがな、これは聖火台ですね。
鳥肌立ちましたよ、潤さん。
ファイアーカーテンがメインステから聖火台に向かってぶわぁっ!ってなって(それを導く緑のレーザービームもTimeのCry for Youのにのあいを思い出させてくれた)、それで、聖火台に火がついて。
そしたら、あのギターのイントロ!!!
AAA2008とまったく一緒!!!
震えたわ…。

そして、DJでムビステだったのも、嵐さんがあの狭い場所で踊ってるっていうのがよかった。
あとは、COOL&SOULの"あの"セットとか。
あの、一番尖ってた時代のね!!
キャスターは机に足乗っけちゃうし、相葉さんとかただのイケメンだし、潤さんはもうあれは神の領域だよぉ(′;ω;`)
にのちゃんもかっこよすぎってか色気ありすぎて怖いよ!!
……大野さんは安定でした(笑)

そして、歌詞も凱旋記念公演バージョン。
あのときの"そりゃ時にまた待たせるだろう"は嵐さんの総意がこもりにこもってましたけど、デビュー14年目での"そりゃ時にまた待たせるだろう"も意味深すぎました。

とにかく、ここまでやってくれて私は感無量ですヽ(;▽;)ノ

やっぱり6年もやると国立での見せ方も成長しますね。

3、曲のチョイスと流れ
これはもう毎回そうなんですけど(笑)
今回も、うまく乗せられた気がする(笑)
DJMJは選曲といい流れといい、もう潤ちゃん天才なんじゃないかってくらいに好きです(笑)
素晴らしき世界とかさ、もう私大好きなんですよ(笑)
もちろんStill...も。

でも、思うのは、本編の最後に5×10を持ってきたのは深いなぁ、と。
翔ちゃんが歌詞を『出会って"14"年』にしたことに、全私が号泣ですよ(笑)
あと、大サビ前の『ありがとう』も(笑)
私、あれ聞くと絶対泣いちゃうんだよね(笑)

でもね、なんとなく"国立への感謝"に聞こえたんだよなぁー。

国立ありがとう。
また戻ってくるからね。
っていう。

初めてあの場所で歌い、10周年を祝い、MJウォークを復活させ、被災者へ祈りを捧げ、初めてのリクエストコンサート、そして最後の国立。

だって、こんなに思い出が詰まってるんだもん。
もちろん国立は陸上競技の聖地であって、嵐さんの聖地でもなんでもないんだけど。
でも、その長い歴史の中で最後の6年間に『嵐』って文字があることが私は嬉しくて誇らしいです。

……あれ?話がずれた(笑)
とにかく!5×10のときは色んな思い出(参戦できたこともできなかったことも)がよみがえってきて、心から国立に感謝だなー、って思いました。
最後、5人が手をつないで真ん中へ沈んでいくあの光景、絶対、また見たいな。

…………でもね、やっぱりこれだけは言わせてください。

なんでスパイラルをちゃんとやってくれなかったのおおおおおおおヽ(;▽;)ノ
まぁ、とにかくね、細部まで隙がありませんでした(笑)
はい、もう評論家黙ります(笑)


これから細かいところピックアップしていきますね。

Face down~Happiness
のっけからかっこよすぎた。
みんなビジュいいし!!
いきなりこんなの与えられたら、しんじゃうよ!!!(笑)
そんでまさかのうぇるぱ。
いや、うぇるぱとかカラオケで歌いすぎてもはや安定感wwww
挨拶は、潤さん相変わらずイケメン♡にのちゃんもイケメン♡相葉で何故か爆笑ww大野さんかわいい♡櫻井いいいいいいいい!!!←

ここで登場!嵐くんたち♡(勝手にそう呼んでますww)
今年も相変わらずのシュールさです(笑)

サンセットソング
選曲的にここが一番好きかもしれない。
全体的に優しくてご機嫌な曲ばっかりでまさに"相葉さん"って感じ。
心が癒されました。
衣装も白で王子様みたい!(笑)

素晴らしき世界は歌詞の感じ方が初めて聞いたとき(中1/AAA2008)からだいぶ変わってて「大人になったんだなー」ってしみじみ思いましたww

サンドアートも相葉さんの儚い1面が出ててすごく感動的でした。
だってぐしゃーってやったらもう2度と同じ絵は書けないんだもん。

らぶしちゅはまたか!って思ったけど、結局好きなんだよね(笑)
踊る嵐さんは大好物です( ˆωˆ )

でも、このコーナーで一番は文句なしにHello Goodbyeでしょ!

ハーモニカ吹いたあと、いっつもちゃんと息続くかな?って心配する件が私の中にはあるんですが、今回も心配してたら、

( `^3^´)ご機嫌いかがですか~

えええええええっ!!!???

( ´・∀・`)元気にしてますか~

〃 `∀´ル最近忙しいけど~

(*.゚ω゚)会いに行くよ~♡

会いに行くから~♡( '◇'*)


にのあいいいいいいいいいいいいいいいヽ(;▽;)ノ

なんていいグループなの、嵐はヽ(;▽;)ノ

『会いに行くよー』をにのちゃんにしたのは本当に素晴らしいと思う。いや、素晴らしすぎる。
完全に二人の世界だよ、もう!!
まさに素晴らしき世界!!←


ミステリアス
やられたわー。
嵐さん(主にさとし)に完全にやられた。
やっぱり魅せる嵐って素敵よね!!

雰囲気もある中、(個人的に)久々見たMonsterはなんか大御所感ありました。

でもね、やっぱり大野さんのダンスってなんなの(′;ω;`)
口を閉じるのもまばたきするのも忘れて見ましたよ…。
何回見てもあの人のダンスは人間離れしてて、指の先の本当に細かいところまで力が入ってて美しい・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

HipなPop
ここのパーティー感たるやっ!!!!

ラップとメロをチェンジとかアラフェスならではだし(SANがとてつもなくかわいかった♡)、メンバーがラップやるのもならではだし(大野師匠はさすがです)、テンションが上がらないわけがない!!

そんで、なによりCOOL&SOULね。
前述したのでたいぶはしょりますが、またやってくれて本当に嬉しかった。
まだ、あの頃の攻めてる感は完全には失ってないんだな、と。
それが感じられて感無量です。

これから20周年に向けて走っていくわけですが、またガツガツ攻めてくれたら嬉しいです。

リミックス
くっっそ楽しいよ!潤ちゃん!!
お祭りだよ!もう!!
アレンジも好きです。中でも意表を疲れたのはすてごー(Step and Go)とUp to you ね。
あっぷとぅーゆーとか思わず拍手しちゃったもん(笑)

そんな中びっくりしたのはYes?No?ね。
嬉しすぎて最初のサビが終わるまでフリーズしてました(笑)
でも、できれば踊ってほしかったなー。

その後のRe(mark)ableも前述したのではしょりますが、やっぱり聖火台に火つく→イントロ→ぎゃあああああああ!でしょww
『13 ARASHIC 再発』は感動した!
2020年に国立で嵐さんがコンサートできるのを願ってます。
絶対行くぞ!!

あとね、兄ちゃんズ(OSAN)が自由すぎたねwwww
ふざけすぎでしょwwww
まぁ、楽しそうでなによりですww

だけどね、やっぱり最後にこれだけ言わせて。
スパイラルやってほしかったー!!←

野外の夜
隠れた見所。
でもやっぱり秘密ですよねー♡
いやー、かわいいぞ、三十路。
にのちゃんのかわいさは全く衰えてないので言うまでもないんですが、後ろでわちゃわちゃしてる着ぐるみさんたち!

とくにね、アライグマさんがね、天使すぎた・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
なんがずっとカッパさんとわちゃわちゃしてるの!!
なんであんなかわいいの、アライグマさんの中の人・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。

カッパさんはおもしろかったwwww
もともとのカッパの顔がなんかとぼけてるような顔で、それに加えて変な動きしてるっていうwwww
でも、カッパさんの顔が脱げそうになったときに慌てて直すにのちゃんがとてつもなくかわいかった♡♡

ライオンさん、くっそアグレッシブwwwwwwww
一番ノリノリだったでしょwwwwwwww

キリンさんの頭突きは狙ったんですか?それとも不慮の事故ですか?
どっちにしろにのあいだからいいや(笑)←
秘密マンはギャグの極みっすねwwwwwwww
『それはきっと 幻じゃなーい 僕の目が くらんでるだけー』ってこれがやりたかっただけでしょwwwwwww
秘密は私の中で正式ににのあいソングに認定されました。

Still...も前述したのではしょりますが素敵でしたね。
あんな爽やかで切ないアレンジに。
ただでさえ原曲好きなのに、あんな綺麗なアレンジされたらたまらないよね(笑)
にのちゃんの儚い声がやっぱり好きです。

それでね、1個だけ。
Breathlessのイントロでさ、5人が出てくるじゃない。あの逆光のシルエット。
…………かっこよすぎ(震え
なんか、宇宙から生還した5人、みたいな。
地球のピンチのときにやってきたヒーロー5人みたいな。
伝説の5人、みたいな。

ほんとにかっこよすぎた、あれは。

Endless Game~ワイルド アット ハート
1位のEndless Gameからのさますぷ(Summer splash!)からのOh Yeah!からのエナソン(エナジーソング)からのワイハ(ワイルド アット ハート)は爆発したね!!!
なんかテンションがおかしくなってましたwwww
やっぱり嵐さんのコンサートはこれよね!!!

5×10
前述した通りです。
本当に国立ありがとう。

Love Rainbow~感謝カンゲキ雨嵐(Encore)
王道ソングのオンパレードですね。
テンションがぶっ飛ばないわけがないwwww
国立への名残惜しさがすごく伝わってきました。

ーーーーー

本当にいろんな意味でいいコンサートでした。
嵐さんはまだまだ進化し続けてるんだなー、と強く思いました。

やっぱりAAA2008の国立って嵐的に本当に大きな出来事だったと思うんです。
それによって認識した層は確実に広かったと思うから。
初の5大ドームツアーからの初国立っていうこの勢いは、今のところ後にも先にもないから。
そこから、10周年っていうのも手伝って人気が爆発して、結果的に6年も連続で国立やらせてもらえるようなグループになれたから。

その、今の人気に至る"起爆剤"の役割を国立がしてくれたっていう意味でも、本人たちにとって思いがけない幸せな場所っていう意味でも、嵐にとって国立っていうのは大きな存在だと思います。
だからこそ、国立、ありがとう。なんですよね。


以下は本当に個人の思い出と絡む内容なのでスルーしてくださって構わないです。

私にとっても国立は特別な場所でした。
というのも、AAA2008を見てなかったらきっととっくにファンをやめてたんだろうな、と思えるほどです。

人生で初めて見たコンサート(のDVD)があれだったんですよ。
確かに人の多さにびっくりしたし、ファンの歓声とか一体感に圧倒された(というより正直、若干引いてしまいました(笑))。

だけど、すごく楽しくて幸せで。
いいグループなんだなー、と。
この人たちのコンサートに行ってみたい!と。
あの幸せを味わってみたい!と。
そして、あの場所に行きたい、と。


そして翌年2010年8月21日。
風景コンの初日。相方のおかげで行くことができました。

何度もDVDで見ていた、それこそ、セトリはもちろん、何を言うかとか誰が抜かれるかとか、そこまで刷り込まれるほど見てきたあの場所に行くことができて、このまんま死んでも後悔はないというほど幸せでした。

アンコールのStill...のラップを目の前で聞けた嬉しさは宝物です。

2011年はやっぱり震災がとても大きかったです。
私の地域は震度6弱で、停電も断水もしていたので中々大変で(もちろん東北の被災地域に比べたら全然ですが)、突然泣くというのが3ヶ月くらいありました。

そんな中、BWは本当にありがたいことにアリーナで入らせてもらえて。
もう、近すぎてどこ見ていいかわからなくてパニックでした(笑)
にのちゃんのソロの"どこにでもある唄"で何かが崩れたように号泣してたのを覚えてます。

2012年も相方のおかげでアラフェスに行くことができました。
うえのっほー!!でしたが(笑)、めちゃくちゃ楽しかったです。
なんといってもこの目でたぶーを、しぇけを、ぎみげを、れいんを、そして大宮をwwww見ることができて感無量です(笑)

ありがたいことに私はこんなにたくさんあの場所に行くことができました。
グッズ並びも前乗りも全部、大切な思い出です。
そんな、素敵な思い出をくれた国立に心から感謝したいです。
そして、6年後。
今よりももっとビッグになったあの5人組を、あの場所で見ることが私の夢の一つです。

ーーーーー


さぁ、そして次はLOVEのDVDですね!!
ものすごく楽しみにしております♡♡

あ、ちなみに私はワクワク落選しましたwwww
またまた再び不合格ですねwwww

やっぱり受験生は遊んでないで勉強しろってことですね(笑)
嵐さんがそう言ってるんですよ!
そう思わないとやってらんないですよ!(笑)
もちろん二次選考は応募しますけど←

ハワイも行けないしwwwwwwww
行きたかったなーwwww
コンサートも夏以降は行けないしwwww

……LOVEだけが私の支えです(笑)

(2014年6月1日 前ブログにて投稿)